CT活用の安全・安心インプラント|みんなのはっとり歯科|朝霞市の朝霞駅から徒歩2分

  • 駐車場完備
  • 電話048-451-0085

web予約

キービジュアル

当院では「歯を残すこと」を
最重要視しております。
そのため、インプラント治療は
最終手段と考えています。

一番大切なのはご自身の歯。
それ以外はすべて「非」天然歯。

しかし、インプラントが
どうしても必要になった場合は、
責任をもって担当させて頂きます。

インプラント治療に関する当院の考え

インプラント治療は、歯を失ったところを回復する治療としては、現在の歯科医療で実現可能な最先端の治療方法であるといえます。

ブリッジや入れ歯と異なり周囲の歯に負担をかけることもなく、見た目にもほとんど自分の歯と区別がつきません。

また、しっかりメンテナンスを継続することで10年経過後のインプラントの残存率は95%以上と、他の治療方法と比較しても圧倒的に成功率の高い治療法であり、インプラント治療が現在の歯科医療を大きく変えたといわれているほど画期的な治療方法であるといえます。

担当医

しかし、当院では何が何でもインプラントをお勧めするスタイルは取っておりません
治療期間、費用、外科の有無、年齢等を考えた際、患者様によって「適切な治療法」は異なるためです。

まずは患者様とたくさんお話させて頂き、その方の「適切な治療法」をご提案させて頂きます。その際に、「インプラント」が適切と、患者様も私たちも判断した場合は、責任をもって治療をいたします。

次節からは、当院で行うインプラント治療の特長をご紹介します。

安全でクオリィーの高い
インプラント治療のために

CT撮影・シミュレーションの利用

インプラント治療を成功させるためには手術前に正確な情報を得てシミュレーションを行い、正確で安全な手術を行う事が重要です。しかし、従来のインプラント手術は歯科医師の経験や勘に頼った部分が多くありました。

そこで当院では、CTやシミュレーションソフトを活用し、正確なデータに基づく治療を実践しています。

CT装置の活用
従来のレントゲンでは見えなかった部分の
確認が可能に

CTとは、立体的(三次元)に骨の状態や神経の位置を把握できる特殊な撮影装置です。
二次元のレントゲン(歯科医院にある通常のレントゲン)では見えなかった事、分からなかった事が、歯科用CTなら正確な診査と診断ができ、安全性と治療のクオリティーを高めることが可能となります。

CTCT画像

医療において「見える」「見えない」は治療クオリティーに大きな差が出ます。
ましてや外科手術を伴うインプラントにおいてはなおさらです。

シミュレーションソフトの活用
事前に知るべき正確な情報をすべて把握

CT画像をシミュレーションソフトに取り込むことで更に「安全・確実」な治療が実現できるようになりました。

インプラントを成功させる為に一番重要な事は、いかに正確な情報を手術前に取得できるかにかかってきます。これを可能にしてくれるツールがシミュレーションソフトです。

シミュレーション

シミュレーションソフトを簡単に説明しますと、今までは実際に手術をし、歯ぐきを切開してみなければ分らなかった事が、手術前に分かってしまうことが特徴的です。
骨の厚さや神経、血管の位置などですね。
これが事前に分かることで、手術前に様々なシミュレーションが可能になります。
どの部分に、どの方向に、どのくらいの深さまで、どのサイズのインプラントを埋入するだとか、ここには神経、血管が走っているので、避けてインプラントを埋入しようなどです。

信頼のある
インプラントメーカーの利用

当院では、インプラント先進国、ドイツ製の「カムログインプラントシステム」、スイス製の「ストローマンインプラントシステム」を使用しています。どちらも世界的に認められているインプラントメーカーです。

カムログストローマン

インプラントメーカーは全世界で200社、日本国内でも30社存在するといわれています。
それぞれには互換性が無く、治療実績、手術方法、価格、保障、安全性に違いがあります。
全てを考慮した上で安心して患者様に提供できるインプラントメーカーは正直それほど多くはありません。当院で採用しているインプラントメーカーは自信を持って患者様にお勧めできます。

骨が少ない方のための
「骨再生療法」

歯を失った状態が継続したり、合わない入れ歯を長期間使用していたり、歯周病が進行してしまっている場合、顎の骨が徐々に減ってきます。インプラント治療は顎の骨にインプラント体を埋入しますので、顎の骨が少ない場合、骨を再生させる治療が必要となります。

当院では「サイナスリフト」「ソケットリフト」などにより少なくなってしまった骨を再生させる処置を行っています。そのため、「他院で骨の量が少なくて治療ができません」と言われた方でも状態によっては再生療法を活用することでインプラント治療ができる場合もあります。

また、最近では骨を単に再生させるだけではなく、「治癒スピードを促進」させ、かつ「良質な骨を再生させる」CGFという処置も取り入れています。

成長因子

CGFとは、ご自身の血液から抽出した成長因子を利用する再生医療「CGF(Concentrated Growth Factors)です。
この治療法は、皮膚・腱なども早期再生することから、歯科界だけでなく、形成外科、皮膚科、アンチエイジング分野でも今話題となっています。

従来まではPRP、PRGFという同様の治療法がありましたが、これらよりも採血量を抑えることができ、痛みや腫れも少なく、副作用の心配もありません。
最先端医療として最近では歯科分野にも広く応用されるようになっています。

医師としての説明責任、
カウンセリングを重視

カウンセリング

冒頭にもお伝えしましたが、インプラント治療は、歯を失ったところを回復する治療としては、現在の歯科医療で実現可能な最先端の治療方法といえますが、すべての患者様にとって最高の治療ではありません

例えば、経済的理由により、インプラント治療が困難な方にとっては、入れ歯を選択されることが、その方にとってベストという場合もありますし、手術がどうしても怖い方にとってはブリッジ治療がベストな場合もあります。

そのため当院では、インプラントを第一選択肢とはしておりません。 まずは患者様としっかりお話しさせて頂き、患者様のベストを共に模索していきます。

医療とは私達と患者様とのコミュニケーションからすべてが始まります。 どのようなことでも問題ありません。不安、悩み、理想など、すべてを私たちにお話しください。共に答えを導き出しましょう。

また当院では、すべての患者様にすぐにインプラントオペを実施することはしておりません。まずは基本検査である、X線検査、細菌検査、唾液検査等クリアした人のみ行いますので、この点、事前にご了承願います

コラム現在「総入れ歯」を
使っている方へ

現在、総入れ歯を使っている方で、「入れ歯が動いて不快感のある方」「硬いものやひっつくものを普通に食べてみたい方」「入れ歯が落ちたり動くのを気にしないで、思いっきり会話をしたり、笑ってみたい方」にお勧めするのが、インプラントオーバーデンチャーと呼ばれるものです。

オーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、通常のインプラントに比べてかなり細いインプラントを埋め込み、それを固定源として入れ歯を安定させる治療法です。またインプラントは数本埋め込めばいいので、お年寄りにも負担がかからないので安心して治療を受けて頂くことができます。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんなことでも構いませんので、私たちにお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 電話048-451-0085
  • 〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台6-4-30 ライオンズマンション朝霞根岸台 第2-102
診療時間
午前:09:00 ~ 12:30
午後:14:30 ~ 17:00

※ 日曜・祝日は定休日、水曜日は不定休です。

このページの先頭に戻る